QRコード
blog
生花のお手入れ プリザーブドのお手入れ
2017年 11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30   
今日
2017年 12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31       
 
プリザーブドフラワーのお手入れ
 
バラの花が咲いたら…
 

プリザーブドフラワーとは、生花を特殊加工(生花に染料を吸わせて加工しています)し、

生花のフレッシュな風合いをそのまま残して、造花やドライフラワーでは味わえない色鮮やかな美しい状態を、

長期間、観賞できるようにしたものです。

 
飾る場所
 

・プリザーブドフラワーに直射日光を当て続けると、お花の色があせる原因になりますので、出来るだけ日の当たらない場所に飾っていただくと色あせが遅くなります。


・水に濡れたり、湿度の高い状態ですと、染料が染み出て色落ちや他のものへの色移りの原因になります。


・エアコンの風が直接当たる場所は乾燥しすぎて花弁が割れやすくなるため、避けて下さい。


・ほこりがつきにくい場所に飾ったり、クリアケースに入れておくと、より長く美しい状態を保つことができます。

 
お手入れ方法
 

・お水を与える必要はありません。お水は与えないでください。


・ほこりがついた時は、やわらかい化粧品の筆のような物で軽く払ってください。


・染料が染み出た時は、ティッシュなどで吸い取って下さい。

 
取扱の注意
 

・プリザーブドフラワーは大変デリケートなので、お取り扱いには十分注意して下さい。

 乱暴に扱うと花びらが破れたり取れたりすることがあります。


・染料が染み出て衣服につくことがありますのでご注意下さい。

 また、手についた際には、すぐに、水で洗い流して下さい。


・ 花びらにメッセージが印刷されたメッセージ印刷部分は、指でこすったりすると、
 文字がにじむことがありますので、出来るだけ触れないようにして下さい。